マンスリーマンションの良い点ってどんなところ?

自分の身体一つで入居できる

一般的な賃貸物件を住み始める場合、まずは家具・家電一式を買い揃えなければなりません。テレビ・HDDレコーダ―・ベッドなど高額な家具・家電も存在するため、長く使える良いものを完璧に買い揃えた場合は50万円から100万円くらいかかってしまいます。しかし、マンスリーマンションはすべての物件ではないものの、基本的な家具・家電はあらかじめ備わっていますので自分の身体一つで入居する事が可能です。ハイグレードなマンスリーマンションは基本的なものだけでなく、付加価値の高い家電製品・便利グッズもついていますのでかなり快適な生活が送れます。

その中でも、特に単身赴任で遠方に一時期居住する事になったビジネスマンには注目の存在と言えます。予算が潤沢にあるからと言って一般的な賃貸住宅と契約して家具・家電を買い揃えても、赴任期間が終わったらそれらをどうにかしなくてはなりません。粗大ゴミとして出すと処理にお金がかかってしまいますし、もともと住んでいた自宅に移動させても使用者がいなければ無駄にスペースを取ってしまうだけです。一方、マンスリーマンションに居住する形を取れば、赴任期間終了後の家具・家電処理に悩む必要がありません。

光熱費も利用料に含んでいる物件は便利

マンスリーマンションの中には利用料の中にあらかじめ光熱費(電気・ガス・水道)をあらかじめ含んでいる物件もあります。そういった物件に住む場合は、引っ越し前に電気・水道の使用開始を申請したり、ガスの開栓に立ち会う必要もありません。そのため、隣人問題など何か困ったことがあったら、即決で別の物件に気軽に移り住めることなども大きなメリットと言えます。

マンスリーマンションとは、月単位で借りられるマンションのことです。多くの場合、敷金や礼金などがかからず、家電や家具などすぐに生活が始められる設備が整っているので初期費用を抑えて入居できます。