薬剤師の資格を活かせる職場を4つ紹介します

色々な診療科を勉強できる病院薬剤師

病院薬剤師とはその名の通り、病院などに勤務する薬剤師です。病院には様々な診療科があるので、内服や外用や注射剤など様々な薬を扱うことができます。また患者のベッドサイドに行って、薬の説明や服薬指導を行うことも重要な仕事です。さらには抗がん剤などの注射剤の混合調整業務や、他の医療職種に医薬品に関する情報を伝えるDI業務などがあります。仕事内容が多岐にわたり大変ですが、非常にやりがいがあるでしょう。

身近な存在の薬局薬剤師

薬剤師といえば、街中の調剤薬局で働く薬局薬剤師をイメージする人が多いかもしれません。薬局薬剤師は患者が持ってきた処方箋に基づき、薬剤を調剤し、それを患者に交付することがメインです。患者から医薬品や健康に関する質問があれば、分かりやすく説明することも大切な仕事です。さらに、医薬品の在庫管理もしっかり行わなければなりません。ちなみに、薬局薬剤師の年収は病院薬剤師よりも高めの傾向です。

ドラッグストアで働く薬剤師

ドラッグストアも薬剤師の就職先の1つです。医薬品に関する管理はもちろんですが、顧客から薬や健康に関して相談を受けたら、プロの視点で分かりやすく答えなければなりません。また最近では調剤併設型のドラッグストアが増えたため、ドラッグストアであっても調剤する薬剤師が増えています。

製薬会社で働く薬剤師

あまり身近ではありませんが、製薬会社で働く薬剤師も存在します。製薬会社の場合、研究や開発職として働く薬剤師と、営業職として働く薬剤師がいます。また、全国各地の医療機関からの問い合わせを受けつける学術・DI職も大事な仕事です。

薬剤師のシニア求人を地域限定で調べる事ができます。薬剤師としてのこれまでの経験を活用できる職場もあります。