実力本位の職場で出世も夢ではない?外資系に転職する利点と注意点を理解しよう!

外資系企業の社風は外国企業と似ている

外資系企業は運営に外国の個人や法人が関わっている日本企業です。会社の運営に関わる法律に照らし合わせれば日本企業の一種ですが、社風や運営方針は外国の企業に似ている所が多い特徴があります。外資系企業はその多くが結果主義であり、チームプレイよりも個人の能力を重視する傾向があります。また、結果を出せば褒賞や出世などのメリットが得られる反面、会社に損失をもたらすと即座に解雇されるケースも少なくありません。ハイリスクハイリターンなのでコツコツ仕事をこなす人には不向きですが、自身の能力を大きな仕事現場で発揮したい人や国際的な仕事に就きたい人には最適な環境と言えます。また、目に見える形で結果を得たい人にも向いているのが外資系企業のメリットです。

外資系への転職に関する注意点

外資系企業は成果主義が重視される社風が一般的とされていますが、会社の業務内容によって多少の違いがある事を把握する必要があります。また、外国語の習得が必須というイメージもありますが、すべての外資系企業が国際的な業務を手掛けているわけではありません。また、外国と取引のある会社でも部署によっては殆ど外国人と接する機会が無いので、転職を検討する際は希望する会社の業務内容をよく確認する必要があります。しかし、面接の際に良い自己アピールの材料になることから外国語を覚えておいて損はありません。個人の能力を重視する傾向が強い外資系企業ですが、社員同士の関係を良好に保てる社交性も求められます。良好な対人関係を構築出来ることは優秀なビジネスマンの条件でもあるので、転職の際は十分に注意することが重要です。

外資 ITとはinformation technology(情報技術)の略で、外国の投資家から投資された一定の資本を基に経営する企業のことをいいます。